日東工器株式会社

メニュー

製品情報

製品情報トップ

新製品情報はこちら

会社情報
ニュース・イベント
動画
投資家情報(IR)
資料・ダウンロード

採用情報

閉じる

高圧水素の供給・充てん継手「HHVカプラ」

日東工器のHHVカプラは、全国の定置式・移動式の水素ステーションで活躍しています。
また、産業分野への普及が進むなか、さまざまなニーズにお応えしながら、さらなる安全性や軽量化へ取り組んでいます。

HHV_g1.png

HHV_g1-2.png

HHV カプラでの水素充てん動画

  • 池上水素ステーション
  • FCフォークリフト
  • セントレア貨物地区水素充填所(中部国際空港)

関連リンク

●「FC EXPO2021 水素・燃料電池展」に出展(9/29-10/1、東京ビッグサイト)

●「水素バリューチェーン推進協議会」に加入

●新型「MIRAI」に迅速流体継手「HHV カプラ」採用(PDF:142.6 KB)

●トヨタの燃料電池自動車「MIRAI」に当社のカプラが採用(PDF:144.1 KB)

●JHFC(水素・燃料電池実証プロジェクト)サイトへ

●HHVカプラデジタルカタログへ

HHV-0.png

HHVカプラが活躍する水素ステーションと自動車(一例)

HHV_g2.jpg

HHV_g2-2.png

FCフォークリフトへの水素充てんで活躍するHHVカプラ

FCF-1.jpg

HHVカプラの特徴

・セーフティロック機構を搭載。
・正しく接続されていない場合は水素ガスが充てんできないように、日東工器独自のセーフティバルブ機構を搭載。(70MPa)
・目視にて接続確認ができるON/OFFインジケータや加圧状態が分かるカラーインジケータを搭載。(70MPa)
・着脱は作業性の高いワンタッチ方式を採用。
・35MPa車両への70MPaノズル誤接続防止対応。
・ISO17268(SAE J2600)に準拠した設計評価。

HHV_g4.jpg

緊急離脱カプラの特徴

加圧条件下でも反発無く安全に分離し、ディスペンサーや車両を保護。
自動開閉バルブ内蔵による離脱後のガス流失を防止。

HHV_g6.jpg

外観寸法図

HHV_g7.png

HHV_g8.jpg