日東工器株式会社

メニュー

製品情報

製品情報トップ

新製品情報はこちら

会社情報
ニュース・イベント
動画
投資家情報(IR)
資料・ダウンロード

採用情報

閉じる

「メドマー」 使用上の注意

家庭用マッサージ器適正使用のお願い

 家庭用マッサージ器の適正使用について、一般社団法人 日本ホームヘルス機器協会より注意喚起がされておりますので、下記リンクよりご参照ください。(外部サイトに移動します)

一般社団法人 日本ホームヘルス機器協会「家庭用マッサージ器の適正使用のお願い」(外部サイトに移動します)


「エクセレントメドマー」を使用する場合、以下の点に注意してください。

Qm.png

警告

次の人は、本機の使用を禁止します。

・医師からマッサージを禁じられている人。
(例:血栓(塞栓)症、重度の動脈りゅう(瘤)、急性静脈りゅう(瘤)、各種皮膚炎および皮膚感染症[皮下組織の炎症を含む]など)
・発症後6ヶ月以内の下肢深部静脈血栓症を患っているか、もしくはその恐れのある場合。
 ※「下肢深部静脈血栓症」とは、下肢全体または膝より下が腫れ上がって痛みがあり、 立ったり歩いたりすると痛みが強くなる自覚症状の
 あることをいいます。
・装着部におでき、 やけど、 虫さされなどの急性炎症や化膿性疾患がある場合。
本機の改造、分解、修理は絶対にしないでください。事故の原因になります。

Qm.png

注意

次の人は必ず医師と相談のうえ使用してください。症状や病因によっては使用に適さない場合があります。

・ペースメーカーなどの電磁障害の影響を受けやすい体内植込み型医用電気機器を使用している人
・心臓に障害がある人
・高血圧症と診断されている人
・悪性しゅよう(腫瘍)のある人
・糖尿病などによる高度な末梢循環障害による知覚障害のある人
・体温38℃以上(有熱期)の人
(例:急性炎症症状[けん(倦)怠感、悪寒、血圧変動など]の強い時期。衰弱している時)
・骨粗しょう(鬆)症の人、せきつい(脊椎)の骨折、急性[とう(疼)痛性]疾患の人
・腱鞘炎の人(アームバンド使用時に限る)
・妊娠初期の不安定期または、出産直後の人
・安静を必要とする人
・特に身体に異常を感じている人
・皮膚の弱い人
・施療部位に疾患から生じるむくみや疼痛のある人
・施療部位に骨折、脱きゅう、肉ばなれ、ねんざ、創傷のある人
・上記以外の疾患で医師の治療を受けている人
・自覚症状の意思表示ができない人
・本機の使用によりかえって疼痛の増す人
・本機を使用しても症状の改善が見られない人


選択メニューへ戻る




「フィジカルメドマー」を使用する場合、以下の点に注意してください。

Qm.png

警告

次の人は、本機の使用を禁止します。

・医師からマッサージを禁じられている人
 (例 : 血栓(塞栓)症、重度の動脈りゅう(瘤)、急性静脈りゅう(瘤)、各種皮膚炎および皮膚感染症[皮下組織の炎症を含む]など)
・発症後6ヶ月以内の下肢深部静脈血栓症を患っているか、もしくはその恐れのある場合。
 ※「下肢深部静脈血栓症」とは、下肢全体または膝より下が腫れ上がって痛みがあり、立ったり歩いたりすると痛みが強くなる自覚症状の
 あることをいいます。
・装着部におでき、やけど、虫さされなどの急性炎症や化膿性疾患がある場合。

本機の改造、分解、修理は絶対にしないでください。事故の原因になります。

Qm.png

注意

次の人は必ず医師と相談のうえ使用してください。症状や病因によっては使用に適さない場合があります。

・ペースメーカーなどの電磁障害の影響を受けやすい体内植込み型医用電気機器を使用してる人
・心臓に障害がある人
・高血圧症と診断されている人 
・悪性しゅよう(腫瘍)のある人 
・糖尿病の人 
・体温38℃以上(有熱期)の人 
・骨粗しょう(鬆)症の人、せきつい(脊椎)の骨折、急性[とう(疼)痛性]疾患の人
・妊娠初期の不安定期または、出産直後の人 
・安静を必要とする人
・特に身体に異常を感じている人
・皮膚の弱い人
・施療部位に疾患から生じるむくみや疼痛のある人
・施療部位に骨折、脱きゅう、肉ばなれ、ねんざ、創傷のある人
・上記以外の疾患で医師の治療を受けている人
・自覚症状の意思表示ができない人
・本機の使用によりかえって疼痛の増す人
・本機を使用しても症状の改善が見られない人

通常、圧力設定は6.0kPa以下でご使用ください。特にお肌の弱い方は、圧迫痕が残ることがあります。


選択メニューへ戻る




「ドクターメドマー」を使用する場合、以下の点に注意してください。

Qm.png

警告

次の人は、本機の使用を禁止します。

・医師からマッサージを禁じられている人
 (例 : 血栓(塞栓)症、重度の動脈りゅう(瘤)、急性静脈りゅう(瘤)、各種皮膚炎および皮膚感染症[皮下組織の炎症を含む]など)
・発症後6ヶ月以内の下肢深部静脈血栓症を患っているか、もしくはその恐れのある場合。
 ※「下肢深部静脈血栓症」とは、下肢全体または膝より下が腫れ上がって痛みがあり、立ったり歩いたりすると痛みが強くなる自覚症状の
 あることをいいます。
・装着部におでき、やけど、虫さされなどの急性炎症や化膿性疾患がある場合。

本機の改造、分解、修理は絶対にしないでください。事故の原因になります。

Qm.png

注意

次の人は必ず医師と相談のうえ使用してください。症状や病因によっては使用に適さない場合があります。

・ペースメーカーなどの電磁障害の影響を受けやすい体内植込み型医用電気機器を使用してる人
・心臓に障害がある人
・高血圧症と診断されている人 
・悪性しゅよう(腫瘍)のある人 
・糖尿病の人 
・体温38℃以上(有熱期)の人 
・骨粗しょう(鬆)症の人、せきつい(脊椎)の骨折、急性[とう(疼)痛性]疾患の人
・妊娠初期の不安定期または、出産直後の人 
・安静を必要とする人
・特に身体に異常を感じている人
・皮膚の弱い人
・施療部位に疾患から生じるむくみや疼痛のある人
・施療部位に骨折、脱きゅう、肉ばなれ、ねんざ、創傷のある人
・上記以外の疾患で医師の治療を受けている人
・自覚症状の意思表示ができない人
・本機の使用によりかえって疼痛の増す人
・本機を使用しても症状の改善が見られない人
・腱鞘炎の人(アームバンド使用時に限る)

通常、圧力設定は「3」以下でご使用ください。特にお肌の弱い方は、圧迫痕が残ることがあります。


選択メニューへ戻る