日東工器株式会社

メニュー

製品情報

製品情報トップ

新製品情報はこちら

会社情報
ニュース・イベント
動画
投資家情報(IR)
資料・ダウンロード

採用情報

閉じる

ニュース

2021年04月01日

「水素バリューチェーン推進協議会」に加入

 日東工器株式会社(本社:東京都大田区、社長:小形明誠、以下「日東工器」)は、「水素バリューチェーン推進協議会」に、2021年3月4日付で加入いたしました同協議会は、サプライチェーン全体を俯瞰し、業界横断的かつオープンな組織として、水素社会の早期構築を目的に設立された団体です。
 当社が製造販売する高圧水素充てん用迅速流体継手「HHV カプラ」シリーズは、水素を「つなぐ」プロセスにおいて燃料電池自動車、燃料電池バス、水素ステーションの充てんノズルなどさまざまな分野で活用されております。
「HHV カプラ」シリーズは正しく接続されていない場合は、水素ガスが充てんできないように日東工器独自のセーフティロック機構を搭載し、着脱は作業性の高いワンタッチ方式を採用しています。より安全な水素の利用に向け、研究開発を進めております。
今後は、水素バリューチェーン推進協議会の会員として、皆さまと連携し、水素社会の拡充に向けて取り組んでまいります。

「水素バリューチェーン推進協議会」の概要
名称:水素バリューチェーン推進協議会(英語名:Japan Hydrogen Association、略称:JH2A)
目的:サプライチェーン全体を俯瞰し、業界横断的かつオープンな組織として、社会実装プロジェクトの実現を通じた水素社会の早期構築
設立日:2020年12月7日
理事会員(22社):岩谷産業株式会社、ENEOS株式会社、川崎重工業株式会社、関西電力株式会社、株式会社神戸製鋼所、株式会社東芝、トヨタ自動車株式会社、株式会社三井住友フィナンシャルグループ、三井物産株式会社など
会員:195社(2021年3月4日時点)
水素バリューチェーン推進協議会HP:https://www.japanh2association.jp/