日東工器株式会社

メニュー

製品情報

製品情報トップ

迅速流体継手「カプラ」

詳細はこちら

機械工具

詳細はこちら

電動ドライバ「デルボ」

詳細はこちら

コンプレッサ/ポンプ

詳細はこちら

ブロワ「メドーブロワ」

詳細はこちら

医療機器

詳細はこちら

ドアクローザ

詳細はこちら

エア配管「エアライナー」

詳細はこちら

会社情報
ニュース・イベント
IR情報
ダウンロード

採用情報

閉じる

栃木日東工器株式会社

工場の特徴

日東工器グループの「迅速流体継手『カプラ』」「ポンプ」「医療機器」の生産を支える主力工場

工場や家庭の空気・ガスや液体の配管をつなぐ、迅速流体継手「カプラ」や、医療機器や浄化槽にクリーンな空気を送るポンプとその応用製品である医療機器を生産する、日東工器グループの主力工場です。
また「カプラ」は特注品を含む多種多様な品種の生産にも対応しています。さらに、近年では機械工具を含む幅広い製品群の生産に対応するなど、活動の場を広げています。

自社開発ロボット、自動組立・検査システムなどを活用したグループ随一の技術力

部品の加工から製品の組み立て、完成品検査に至るまで高度な合理化一貫生産システムを構築しています。また、自社開発の自動組立ロボットや、自動検査システムなどを活用した数多くの設備を有する、グループ随一の省力・省人化能力を有しています。

トップメッセージ

弊社は1977年(昭和52年)に日東工器株式会社の製造工場として操業を開始しました。2000年(平成12年)には分社化し、現在の栃木日東工器株式会社として事業を開始しました。
迅速流体継手「カプラ」、リニア駆動を主としたポンプおよび応用商品「メドマー」などです。さらに近年、脚光を浴びている燃料電池車の燃料となる高圧水素を供給・充填する「HHVカプラ」を日本で初めて生産開始しました。
素材の加工から検査・出荷に至る独自の生産ラインを構築して、顧客のニーズに応える品質と信頼のモノづくりのため、2013年(平成25年)にはグループ最大規模の第7工場棟を竣工するとともに、商品倉庫を増設いたしました。
これからも、法令を順守し、チャレンジ精神をもって、人に優しい、環境に優しい「モノづくり」を目指し、全社一丸となって歩み続けてまいります。どうぞよろしくお願い申し上げます。

日東工器グループ  リクルートサイト

会社概要

会社名 栃木日東工器株式会社
代表取締役社長 森 憲司
設立 2000年(平成12年)5月1日
資本金 100百万円
従業員数 140名(2018年3月末)
事業内容 迅速流体継手「カプラ」、ポンプ、医療機器、機械工具の製造
主要株主 日東工器株式会社
売上高 6,289百万円(2018年3月期)
所在地
(本社・工場)

〒329-1311 栃木県さくら市氏家3473-2
TEL:028-682-8851 FAX:028-681-7038
【交通アクセス】氏家駅(東口)からタクシーで10分

アクセス

主な製造製品

沿革

1977年 06月 日東工器 氏家工場操業開始(事務所、第1、第2工場、完成)
1978年 10月 第3工場完成
1979年 05月 医療用具製造許可取得
1980年 10月 第4工場完成
1981年 01月 UL規格許可工場認定取得
1984年 02月 JIS表示許可工場認定(ガスタッチ)
1985年 10月 高圧ガス保安協会認定(バルクカプラ)
1990年 05月 第5工場完成
1990年 11月 TPM活動キックオフ
1994年 10月 TPM優秀賞受賞
1995年 11月 ISO9002認証取得
1997年 04月 NITTO KOHKI INDUSTRY (THAILAND) へ浄化槽用ブロワ生産移管
1997年 06月 第6工場完成
2000年 10月 分社化により栃木日東工器株式会社として事業を開始
2001年 11月 ISO14001認証取得
2003年 01月 NITTO KOHKI INDUSTRY (THAILAND) へカプラ生産を一部移管
2003年 11月 ISO9001格上げ認証取得
2004年 06月 PI活動キックオフ
2008年 03月 新JISマーク表示認証取得
2009年 07月 日東工器物流株式会社を吸収合併
2010年 05月 日東工器株式会社より修理業務を移管
2013年 10月 商品倉庫及び部品倉庫完成
2013年 12月 第7工場完成
2014年 04月 日東工器株式会社へ修理業務を返還
2014年 09月 ISO13485認証取得
2015年 05月 機械工具製品の生産を開始
2017年 02月 ガスタッチ生産終了に伴いJIS認証返却
2017年 12月 事務所棟完成

もっと読む

認証取得/受賞

TPM優秀賞受賞

1994年10月、社団法人日本プラントメンテナンス協会からTPM(トータルプロダクティブメンテナンス)活動の成果が評価されました。

ISO9001 認証取得

1995年11月、JQA(財団法人日本品質保証機構)からカプラ(迅速流体継手) 製品および 1kW以下の空気圧縮機、真空ポンプ並びにその応用製品の製造で品質マネジメントシステムに関する国際規格「ISO9001」を取得しました。

ISO14001 認証取得

2001年11月、JQAから環境マネジメントシステムに関する国際規格「ISO14001」の認証を取得しました。

ISO13485 認証取得

2014年9月、医療機器における品質マネジメントシステムに関する国際規格「ISO13485」の認証を取得しました。

TPM 優秀賞受賞
ISO14001/ISO9001
認証取得
ISO13485 認証取得

環境基本方針

  1. 当社は、事業活動の遂行に当たり、環境保全の基本理念に則り、地球環境への影響に配慮し、当社及びサイト内の関連会社が一体となり環境保全活動を推進します。
  2. 当社は、法規制や社会的約束を遵守し、地球環境に影響の少ない事業活動を行うと共に、資源の有効活用と環境への負荷軽減のため、ISO14001の国際規格に準拠し、構築した環境マネジメントシステムにより継続的な環境管理と環境保全に努めます。
  3. 当社は、日東工器㈱の製品開発機能と技術を通して、地球の環境保全に役立つ製品の普及に努めます。
  4. 当社は、事業活動が環境に与える影響を評価し、その結果に基づいて著しい環境側面を特定し、技術的、経済的に可能な範囲で次の事項を優先的に取り組み、環境目的・目標を通して環境保全活動を進め、汚染防止と資源保護に努めます。
     (1)エネルギー、紙、油の有効利用を推進します。
     (2)紙、油、廃プラ、廃木材等のリサイクルを推進します。
     (3)有害物質の放出事故が発生しないよう関連設備の管理を徹底します。
     (4)ムダの排除を意識した運営管理を推進します。
     (5)地球及び人体への影響が懸念される環境管理物質の管理を推進します。
  5. 内部環境監査を通し、環境マネジメントシステム及び環境パフォ-マンスの継続的改善に取り組みます。
  6. 地球環境保全の意識高揚を図るための教育を実施すると共に、地域などでの身近に取り組める環境保全活動の参加に取り組みます。
  7. この環境方針書は、社外にも公開します。

2018 年4 月1 日
工場長
小森谷 和也

戻る