日東工器グループ
リクルートサイト

MENU

日東工器株式会社
福利厚生(ライフサポート)

社員一人ひとりが
安心して働ける環境を目標に。
日東工器では「従業員の幸福」の実現のため、
さまざまな福利厚生制度を用意しています。
これからも、誰もが安心して働ける
職場づくりに取り組んでいきます。

休日制度 年間125日以上:完全週休二日制(土・日)、
祝祭日、夏期休暇(9連休以上)、
年末年始休暇(5連休以上)の
休暇が取得できます。

年次有給休暇

初年度に10日、2年目以降は勤続年数に応じて最大20日が4月1日に付与されます。
1日単位だけでなく、半日単位、時間単位での取得も可能です。
また、年間4日間は計画的に有給休暇を取得するよう「計画有給休暇」を実施しています。

特別休暇

慶弔休暇、転勤赴任休暇、永年勤続(30年)、公民権行使などの特別休暇があります。

育児、介護に関する休暇

産前産後休暇、育児休業、子の看護休暇、介護休暇、介護休業など法律の定めに従い取得が可能です.。

福利厚生制度

福利厚生サービス

株式会社リロクラブの「福利厚生倶楽部」に加入しています。
旅行、宿泊、レジャー施設、グルメ、自己啓発、育児や介護などを幅広くカバーする充実のサービスメニューを会員価格で利用できます。

各種保養施設の会員価格利用制度

東急ハーヴェストクラブ、タングラム班尾東急リゾート、リゾートトラスト、ラフォーレ倶楽部などの提携保養施設を会員価格で利用できます。

従業員持株会制度

通常は100株(1単元)単位からでしか購入できない日東工器の株式を1口1,000円から購入することができる制度です。
入会は自由で、会社から奨励金(5%)の補助があり、将来を見据えた資産形成が可能です。

財形貯蓄制度

財形貯蓄制度とは、社員が希望の金額を給与・賞与から控除し、財産形成ができる制度です。
内容は一般財形貯蓄、財形住宅貯蓄、財形年金貯蓄の3種類があり、目的に合わせて選ぶことができます。

貸付金制度

教育資金や住宅購入などの特別な事由により、資金を必要とするときに会社が貸付をする制度です。

懇親会補助金制度

社員の親睦を深めることを目的に、年末年始に開催される懇親会の費用を
一人当たり5,000円(年間1回)を上限に会社が補助する制度です。

退職金制度

社員が退職する際には勤続年数などに応じて退職金が支給されます。
日東工器グループでは「確定給付企業年金制度」を導入しています。

予防接種補助

社員の健康管理をサポートする目的で、予防接種費用の一部を補助する制度です。
対象はインフルエンザ、風疹(ふうしん)、麻疹(はしか)で、一定の上限額があります。

慶弔見舞金

社員や家族の結婚、出産、病気、災害、死亡などに対し、会社から慶弔見舞金が支給されます。

団体定期保険

従業員の遺族保障のため、会社が保険契約者となり保険料を負担する保険です。
従業員が死亡または所定の高度障害状態になった場合に、死亡保険金または高度障害保険金が支給されます。

部活動

野球・サッカー・テニス・駅伝・水泳・華道など、さまざまな部活動があります。
どの部活動も初心者大歓迎で、職種や年齢関係なく多くの社員が参加しています。
備品購入や大会参加費、懇親会費用などの一部は会社から部費として支給されます。

独身寮

東急池上線の「池上駅」から徒歩3分、会社までは徒歩15分の好立地に独身寮があります。
バス・トイレ別、独立洗面台付のワンルームで、寮費は月額15,000円(水道光熱費:実費)です。
1階には食堂があり、朝食(200円)・夕食(400円)も注文できます。
※入居期限は最長5年間です。

転勤時の対応

会社都合で転勤となった場合、最長で10年間は借上社宅に入居できます。
物件は自分で選ぶことができ、家賃の8割は会社が補助します。(上限額あり)
また、転居に伴う各種準備・手続きのため、赴任手当と特別休暇(2日間)が付与されます。
※海外赴任の場合には家賃は全額会社負担、特別休暇は5日間となります。

永年勤続

勤続30年を迎えた社員に対して、毎年創立記念日(10月22日)に表彰を行っています。
対象者には5日間の特別休暇と旅行券が授与されます。

ライフプランセミナー

定年後のライフプラン設計の支援として、50歳以上の社員を対象にライフプランセミナーを行っています。
保険会社の方に社会保険や公的年金の仕組みや手続きについて説明していただき、定年後の家計をシミュレーションすることで、社員が安心して定年を迎えられるようサポートしています。

創立記念品

毎年創立記念日(10月22日)には社員に対して図書カードを配付しています。
これは、社是である「開発は企業の保険なり」の「開発」が意味するうちの1つ「人材開発=自己への投資」を促し、自己の能力を育成してほしいというメッセージが込められています。

ノー残業デー

ワーク・ライフ・バランス向上のため毎週水曜日をノー残業デーと定めています。
家族との時間や、部署内での交流、自己啓発など楽しみ方はひとそれぞれですが、プライベートを充実させる有意義な時間になっています。

よくあるご質問

ページトップへ