メッセージ

日東工器に入社希望の方へ

開発は企業の保険なり。未来を拓く若いパワーに期待します。

モノづくりには、夢があります。紀元前数千年前には中国やメソポタミアに文明が興り、数多くのモノづくりの記録があります。それから気の遠くなる時が流れ21世紀を迎えた現在に至るまで、世界各地で人々はモノづくりにいそしんできました。そして今なお、私たち人類は国際宇宙ステーションを建設、日本も実験棟「きぼう」によって、モノづくりのフロンティアを宇宙に広げようとしているのです。

そんな人類永遠のテーマである「モノづくり」に、当社はどこまでもこだわり続けてきました。それも世のうたかたの風潮に惑わされない、独創的な技術を大切にしたモノづくりへの挑戦です。目指してきたのは「産業界の省力・省人化、作業環境の改善」であり、人間に視線をおいたイノベーションを通じて、社会に貢献してきました。

何もない、白紙の状態から起こした設計図が、形あるものとなってできあがってくる。かつての製図台がCADになるなど、技術をとりまく進歩はあっても、モノづくりにたずさわる人間として、このときの喜びは何物にも代え難いものです。さらに、それが暮らしや産業のあらゆる場面で活用されるのを目にすれば、その喜びは何倍にも、何十倍にも膨らむでしょう。

「開発は企業の保険なり」。これは創業以来、掲げている当社の社是です。「開発」という言葉には、「社会に貢献する製品開発」「販売市場の開発」「人材開発」「組織管理体制の開発」の4つの意味が含まれています。これらすべての開発に全力を尽すことが企業の永続的発展を保証する、すなわち「保険」となります。なかでも「人」という資産がとりわけ重要であることは言うまでもありません。製品はもちろんですが、市場、組織、そして企業をも開発できるのは人間だけなのです。

私たちと一緒に、この会社の未来図を描いていきませんか。それも私たちが用意した図面でなく、皆さんが夢を実現するため自由に取り組んでいく未来図です。自分の進むべき方向が見えたときの若いパワーには、計り知れない可能性を感じています。どうかそのすばらしい力を存分に発揮して、新しい「本物」の価値を生み出してください。

私たち、日東工器に参加しませんか!

代表取締役社長 小武 尚之

代表取締役社長
小武 尚之