新製品情報 2006年

報道各位

2006年05月29日

日東工器株式会社
社長室広報部

ダイカスト金型温調用配管に対応 熱媒体油用カプラ「HCFカプラシリーズ」 日東工器が6月初旬から発売

日東工器(社長 鈴川準二)は、熱媒体油用カプラ「※HCFカプラシリーズ」を6月初旬から発売いたします。
自動車、機械、電子機器などの精密金属部品を成形するダイカストマシンの一部では金型温調用に高温の合成系熱媒体油が使用されており、「HCFカプラシリーズ」はそのニーズに対応するために開発した耐熱280℃、エアレスバルブ構造のカプラです。主に、ダイカストの金型、温度調節機周辺の熱媒体油配管に適しているとともに、製鉄、食品、化学薬品関係などの熱媒体油配管にも需要が見込まれます。
同カプラは配管の取り付け形状に合わせて、めねじ取り付け用、おねじ取り付け用を、サイズは管用テーパねじ1/2、3/4インチを揃えています。標準価格は1セット35,150~36,010円、今期合わせて1,000セットの販売を見込んでいます。
 
本製品の特徴はimg060529-2.jpg

  1. 280℃の合成系熱媒体油でも漏洩しにくい特殊樹脂パッキンを採用
  2. 分離時の液だれ量が極めて少ないエアレスバルブ内蔵
  3. 押し込むだけのワンタッチ接続
  4. 流体が固着しにくい特殊表面処理(複合めっき)を採用 ――― など。

※ HCF : Hydrogen Carbide Fluid (炭化水素系流体)

  

「HCFカプラシリーズ」の仕様]

本体材質 鋼鉄(表面処理:複合めっき)
シール材質 ふっ素樹脂
サイズ 1/2"、3/4"
最高使用圧力 ※1 1.5 MPa
耐圧力 ※2 2.0 MPa
使用温度範囲 ※3 +10~+280℃
適用流体 合成系熱媒体油用

※1 連続して使用可能な許容最高圧力。

※2 性能に支障をきたさない圧力の限界。連続使用はできません。

※3 使用可能な温度範囲は使用条件により異なります。

  

以上

新製品情報 2006年