新製品情報 2005年

報道関係各位

2005年06月24日

日東工器株式会社
社長室

流量、最大64%アップ 中圧用途の「SPカプラ」をリニューアル 日東工器が新シリーズを発売

日東工器(社長 鈴川準二)は独自のワンタッチ着脱式流体配管継手「カプラ」(商品名)の新シリーズとして、「SPカプラ TypeA」(同)を7月から全国で本格発売します。ソケット(めす型)、プラグ(おす型)の両方に流路開閉バルブを内蔵し気体、液体の中圧用途向け売れ筋商品の「SPカプラ」を、ユーザーニーズの変化に 対応して全面リニューアル。流路内面構造を見直して設計変更し、従来品と比べ流量を最大64%(当社比)増やしたことと、ステンレス製の材質に 「SUS304」を採用したことで気体・液体の各種流体用途を一層拡大したのが、最大の特徴です。

 

標準価格は真ちゅう製プラグ1P型の610円から最高はステンレス製ソケット8S型の2万3,030円まで材質とシール材の違いによって決まり、年間売上げは初年度30万セットを見込んでいます。

 

「SPカプラ」は工場配管、各種機械・装置配管の着脱部にワンタッチで便利に使え、流せる気体ははエア、工業用不活性ガスなど。液体は水、油などニーズに応じ幅広い用途をもっています。

このため本体材質は鋼鉄、真ちゅう、ステンレスの3種を用意。とくにステンレス製はこれまでの「SUS303」よりも耐酸性、耐食性に優れている「SUS304」を標準材質としています。また鋼鉄製の本体表面処理には六価クロムフリーのニッケルめっきを採用して環境面 に配慮しています。

 機種(サイズ)は3材質製品とも流路最小断面積が14平方ミリメートルの1SP型から同229平方ミリメートルの8SP型までそれぞれ6機種(サイズ)を取り揃えています。

 

img050624.jpg特徴は――――――

  1. 従来の「SPカプラ」にくらべ、流量は1SP型で7%、最大は6SP型で64%もアップし、流体の圧力損失が少く、ポンプ類の負荷も小さくなるので、大幅な省エネルギーが可能
  2. 内蔵バルブのセンター部形状を設計変更し調芯機能をもたせているのでプラグ・ソッケトの分離後でもバルブセンター部が自動的に復帰。単体時シールの安定性も保持する
  3. プラグ先端部を滑らかな形状としたのでソケットとの接続はよりスムーズな操作でできる
  4. プラグ・ソケットを接続使用中に、不用意な離脱を防止するため、本体スリーブ後部に簡易ストッパ(別売)を装着できる
  5. 本体材質が違っても同サイズ品ならば流量特性は同じなので、気体・液体の流体用途に応じた本体材質を選んで使用できる
  6. 従来の「SPカプラ」と、今回の「SPカプラ TypeA」とは互換性があるので、そのまま接続
    使用できる

  7. 鋼鉄製の本体表面にはニッケルめっきを採用しているので、ユーザーのグリーン調達に対応する

―――など

 

以上

新製品情報 2005年