新製品情報 2004年

各位

2004年03月10日

日東工器株式会社
社長室

軽・中研削作業の両用タイプ 空気式ベルトサンダ「ベビーベルトン BB-20」 日東工器が全国発売

日東工器(社長 高田素行)は各種金属、プラスチックなどのバリ取り、面取りや仕上げ研磨・中研削まで幅広い用途をもつ軽・中研削両用空気式ベルトサンダ「ベビーベルトン BB-20」(商品名)を開発、4月から全国で本格発売します。
同機は手の平サイズの小型軽量・コンパクトサイズで使い勝手の良さから研削作業現場で好評をうけ、昨年「グッドデザイン賞」を受賞してヒット商品となっている「ベビーベルトン BB-10」の上位機種。「BB-10」が軽研削・軽研磨作業専用タイプなのに対し、小型軽量・コンパクトなど、その設計コンセプトをそのままに、作業者のニーズに応えて研削力を強め、研磨ベルト幅も20mmと2倍に広げた"ハイパワー軽・中研削の両用タイプ"として開発、シリーズ化したものです。
標準価格は1台4万7千円、月1千台の販売を見込んでいます。

 

img040310.jpg新製品「ベビーベルトン BB-20」の特徴は

  1. 正逆回転ができるメカニズムと、独自の左右対称デザインの採用によって右手・左手のどちらの手でも作業できる。
  2. 研磨ベルトは様々な加工物・用途に対応できるよう、従来の「ジルコニア」材質に加えて溶接ビードの除去もできる「セラミック」、さらにステンレス・アルミなどの光沢をなくすサテン仕上げ・磨き仕上げができる「不織布」と、3種類を用意しており、いずれも工具を使わず簡単に交換できる。
  3. ブラケット先端、中央部、駆動部の3点でベルト張力を制御し、曲面・球面部も研削・研磨できる3点支持方式。また、ベルト裏面をガイドすることによって中研削ができるシュー方式でも使用が可能。
  4. 研磨ベルトの回転方向(正転または逆転)を変更することによって切り粉や火花の飛散方向を前方または後方へコントロールできる。
  5. 作業位置や加工物の形状に合わせてグリップ部とベルト回転部の角度調節が可能。
  6. 安全性にも万全の工夫をこらしている――などがあげられ、研削・研磨作業の効率向上に役立ちます。

 

日東工器の機工製品としてベルトサンダ「ベルトン」は、駆動方式別に空気(エア)、電動の2タイプがあり、それぞれに軽・中・重研削(研磨)用を品揃えしていますが、新タイプの「ベビーベルトン」BB-10、BB-20を加えて「ベルトン」シリーズは計8機種に増えました。

 

新機種「ベビーベルトン BB-20」の仕様は次のとおりです。

 

使用圧力 0.59MPa(6kgf/cm2)
空気消費量(無負荷時) 0.43m3/min
無負荷回転数 16,000min-1
ベルト速度 1,100m/min
ベルト寸法 20×330mm
本体重量 0.8kg
標準付属品 研磨ベルトZ#60×20mm:1本(本体装着)
研磨ベルトZ#120×20mm:1本
研磨ベルトZ#240×20mm:1本
ダストカバー:1個
シュー:1本
六角棒スパナ2.5mm, 3mm:1本
カプラHA-65SN:1個

 

以上

新製品情報 2004年