日東工器株式会社

メニュー

製品情報

製品情報トップ

迅速流体継手「カプラ」

詳細はこちら

機械工具

詳細はこちら

電動ドライバ「デルボ」

詳細はこちら

コンプレッサ/ポンプ

詳細はこちら

ブロワ「メドーブロワ」

詳細はこちら

医療機器

詳細はこちら

ドアクローザ

詳細はこちら

エア配管「エアライナー」

詳細はこちら

会社情報
ニュース・イベント
IR情報
ダウンロード

採用情報

閉じる

環境対応製品

環境対応製品への切り替えについて

当社は環境に配慮した事業活動を行うために、環境の国際規格ISO14001の認証を取得するなど、全社を挙げて環境改善活動を進めております。
こうした環境改善活動の一環として、当社製品はRoHS指令(RoHS指令(Ⅱ))など各法規則に基づき当社の指定した化学物質の含有廃止・削減を行い、環境対応製品(グリーン調達対応製品)への変更を実施しております。なお、一部例外事項もございますので、引き続き対応状況についてはホームページ上でお知らせして参ります。

対応状況

  • 迅速流体継手「カプラ」製品(2018年6月7日現在)
未対応製品
  • レバーロックカプラ
  • チューブフィッター付カプラ製品
  • 一部のエアライナー製品
  • カプラ接続ジグ
  • 圧力計

対応している製品は以下のとおりです。

製品(標準品) 主な対応内容

黄銅(真鍮)材使用製品

低カドミウム材
(RoHS指令対応材)

有色亜鉛クロメートめっき製品

六価クロムフリーめっき
(ニッケルめっきなど)

注)めっきの色
有色亜鉛クロメートめっきの色は黄色(干渉色:虹色)ですが、ニッケルめっきは銀色となり、外観の変わる製品があります。

対応状況

  • 機械工具(2017年4月20日現在)
未対応製品
  • スーパーハンド(型式:SH-100A、ASH-900、ESH-80A)※(本体は環境対応製品、添付のやすりに鉛含有)
  • スーパーハンド用ヤスリ(型式:SF-10、SF-11、SF-12、SF-13)
  • スーパーハンドライト(型式:SHL-40) ※(本体は環境対応製品、添付のやすりに鉛含有)
  • スーパーハンドライト用ヤスリ(型式:LF-10、LF-11、LF-12、LF-13)

対応している製品は以下のとおりです。

製品名 主な対応内容

電動・油圧機器

プリント基板など
鉛含有はんだ→鉛フリーはんだ

ジェットブローチ

ろう材
カドミウムフリーのろう材

対応状況

  • 電動ドライバ「デルボ」製品(2017年4月20日現在)
製品名 主な対応内容

電動ドライバ(デルボ)全製品

プリント基板など
鉛含有はんだ→鉛フリーはんだ

対応状況

  • コンプレッサ・ポンプと応用製品(2017年4月20日現在)
製品名 主な対応内容

コンプレッサ・ポンプ
ブロワ
医療機器

  • カバー、ブラケットねじなど
    有色亜鉛クロメートめっき
    →六価クロムフリーめっき
  • コイル Ass'yなど
    鉛含有はんだ→鉛フリーはんだ

対応状況

  • 建築機器「ドアクローザ」製品(2017年4月20日現在)
製品名 主な対応内容

オートヒンジ丁番型屋外用
オートヒンジ中心吊
スライディングクローザ

  • スプリング
    六価クロムフリーの表面処理
  • ケース、金具、受け板、ハンガー、
    ねじなど
    有色亜鉛クロメートめっき
    →六価クロムフリーめっき

環境法規用語とRoHS(Ⅱ)への対応

欧州 RoHS指令

EU域内において、電気・電子機器に含まれる特定有害物質の使用制限により、廃電気・電子機器の不適切な処分や経時変化による環境汚染を防止することを目的とし、2006年7月1日以降は次の6物質を全廃する、というものです。

  1. 鉛および鉛化合物
  2. 水銀および水銀化合物
  3. カドミウムおよびカドミウム化合物
  4. 六価クロム化合物
  5. ポリ臭化ビフェニル(PBB)
  6. ポリ臭化ジフェニルエーテル(PBDE)

欧州 RoHS(Ⅱ)指令

2015年6月RoHS指令の特定有害物質に、次のフタル酸エステル類4物質が追加されました。EU域内において、医療機器・監視制御機器を除く電子・電気機器から、2019年7月22日以降は次の4物質も合わせて全廃する、というものです。

  1. フタル酸ビス(2-エチルヘキシル)(DEHP)
  2. フタル酸ジブチル(DBP)
  3. フタル酸ブチルベンジル(BBP)
  4. フタル酸ジイソブチル(DIBP)

RoHS(Ⅱ)への対応

当社は、RoHS(Ⅱ)への対応として2015年4月1日以降、一部の部品を除き、品質評価を実施した代替品への切り替えを随時行っています。カプラ製品のOリング・パッキン材質も2016年7月1日以降、随時代替品へ切り替えを行っています。